韓国のホームページをのぞいてみると・・・・・・

アルプスでも「トクトヌンウリタン」と叫ぶニダ!誇らしいニダ!!

「独島は韓国の地」アルプスで叫んで

e0082851_2303195.jpg


「モンブランの頂上で全世界の人に聞こえるように‘独島はわれらの領土’と思い切り叫ぶ。」

純粋に民間の集まりである「領土守護独島愛好会」が今月6日午後、高陽(コヤン)市一山東(イルサンドン)区役所で出征式を行い、独島(日本名:竹島)がわれらの領土という事実を知らせるために海外広報に出た。今回、海外に出る広報団は海外登山チーム10人と海外広報チーム10人など合計20人。登山チームはアルプスの最高峰であるモンブラン(海抜4千801m)に登る険しい旅程で、高陽市山岳連盟会員が参加し、広報チームは小・中・高等学校の学生たちが引き受けた。

ユン・クァンソプ(56)高揚山岳連盟会長は「アルプス・モンブランの頂上に‘独島はわれらの領土’という垂れ幕と太極旗がはためく場面を想像すると、もう胸がいっぱいだ。どんな悪条件の中でも必ず頂上に上がるつもり。」と力強く宣言した。

広報チームの学生たちも初の訪問先を国際機関が整然と並ぶスイス・ジュネーブに決め、この日“独立運動しに行く心得”を堅めた。独島愛好会が出帆したのは2002年9月、高陽市議会議員であるキル・ジョンソン(46)現会長を主軸に民間人59人が全国民に独島を知らせるために集まった。2年余りの準備を経て2004年8月、鬱陵島・独島84.7㎞を泳いで渡り、翌年の2005年8月、民族代表33人を称える意味で33人の女性たちが同じコースを泳いで渡ることに成功した。(中略)
キル会長は「私たちの活動が独島開放の端緒になったし、国民認識も高くなったと自負しています。キャラクター応募展、写真展など、日本が独島に対する野望を捨てるまで、私たちの独島広報戦は世界のあちこちで続くでしょう。」と付け加えた。

あっははは。いやぁ、韓国人らしいわぁ。
どうしてアルプスでこういうデモンストレーションをやるんですかね。
独島ライダーと言い、こいつらと言い、愛国心とやらで良い思いをしようとしている魂胆がミエミエなんですけど。
国際司法裁判所に行けば話が早いのにね。
こう言うことをやればやるほど韓国人=ピンポンダッシュという印象しか植えつけられないんですが。
[PR]
by gogoreds_31 | 2007-08-10 22:44