人気ブログランキング |

韓国のホームページをのぞいてみると・・・・・・

コーチと言ったらコーチニダ!

韓国プロ野球が発足した時に、韓国最高の強打者として、イ・マンスという選手がいました。
巨人にいた新浦と三星ライオンズ時代にバッテリーを組んでいたのですが、引退してその消息が分かりませんでした。
スポーツ選手には、もともと冷ややかな韓国社会。あれほどの大打者も、闇に消えたと思っていたら、どうやらアメリカのシカゴ・ホワイトソックスに在籍しているようです。
井口と同じチームですね。

で、韓国のマスコミは、彼の談話としてこういう記事を書いています。

韓国は野球の神

ま、記事の内容の電波ぶりにもクラクラしてしまいますが、本当に彼がホワイトソックスに在籍しているかをちょっと調べてみますかね。

で、Chicago Whitesoxのホームページを見てみましょうか。私は、弱小球団であるCubsにシンパシーを感じていますが。

あ、イ・マンスがいますね。随分頭が薄くなっているようです。背番号59。
で、彼のポジションは・・・・・
あれ?
Bullpen Catcher
アメリカのメジャーでは、ブルペンキャッチャーというのは、コーチになるんですか?

で、彼のプロフィールを読んでみましょう。
>>Begins his sixth season as the White Sox bullpen catcher ...
>>was named to his position on 2/28/00 ... assists the coaching
>>staff with video analysis and batting practice with his
>>contagious smile, enthusiasm and outgoing personality,
>>has become a White Sox fan favorite and goodwill ambassador
>>for the organization.

う~ん、コーチングスタッフのアシスタントのようですねぇ。
ただ、このプロフィールから見ると、しっかりとスタッフの一員として足場を築いているのだ、ということは感じられます。

事実を伝えないのが一番イ・マンスに失礼だと思うんですけどね。

こういう記事を見て、「イ・マンスは、アメリカでコーチをしています。井口を教えたのも彼です。」という馬鹿な韓国人がいるんですよ。いや、本当に。

韓国の嘘、捏造の記事ばかり見ていると、この程度の「捏造」が、最近は、小ネタにしか感じませんわ。
by gogoreds_31 | 2006-03-20 23:23