韓国のホームページをのぞいてみると・・・・・・

<   2005年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ウリナラの自動車会社もレクシャスのようなプレミアムカーを作るニダ

一頃は安物ですぐ壊れるオンボロの代名詞であった韓国車。
品質の改良などで、徐々に高い評価を得るようになっています。

もちろん、その要因として、日本の部品会社の提供する部品やら、技術移転やらが要因になっているのは、韓国では口が裂けても言えないでしょう。

とは言っても、まだ、故障は多いですし、難点は多々あるようですが。京釜高速道路では、ボンネットを開けて停車している自動車も少なからず存在します。

一方、日本では、トヨタがレクサスを、日産がインフィニティを別ブランドで立ち上げ、そこそこの評価(レスサスについては、ブランドとしての地位)を獲得しています。

で、日本が成功したならば、そのビジネスモデルを模倣するのが、韓国のやり方でして、今回もしっかりと日本の後追いを始めたようです。

現代車、“レクサス”のような独自ブランド導入検討中
 
アメリカでは、自動車というのは生活必需品でして、価格が低い自動車もアメリカに入ってきて、そこそこの売上を出すようです。ユーゴスラビア製の自動車が一時話題になったり、最近では中国製の自動車も話題になっているようです。

しかし、「超高級な安物」を好んで買う人間いるんでしょうかねぇ。

個人的には、クラウンとカローラのような高品質で買い得観が強い自動車が出来るようになれば、韓国車は脅威だと思っているんですけど、今のままだと厳しいかも知れません。
韓国の自動車メーカーは日本の自動車を標榜するよりも、むしろ、中国の自動車メーカーの追い上げを警戒したほうが良いと思いますけど。
ど。
[PR]
by gogoreds_31 | 2005-11-30 07:21