韓国のホームページをのぞいてみると・・・・・・

金がもらえないから、訓練出来ないし、プロジェクトも遂行出来ないニダ。チョプ。

私から見たら、金目当てとしか思えないんですが。
日本相手に「トクトヌンウリタン」だの、「愛国心ニダ」などやっていれば、スポンサーが付いていたんでしょうが、最近は、なかなか、そういう民族主義に訴えても駄目なんでしょうねぇ。
ゾオリョン '独島プロジェクト' 後援者いなくて無産危機
ゾオリョン '独島プロジェクト' 後援者いなくて無産危機
3000万ウォン訓練費用意できなくて…海南郡に支援要請
入力時間 : 2008.01.25.00:00

来る 7月スイミングで独島を 33輪回る計画を立てている \'アジアのおっとせい\' ゾオリョンシが訓練に必要な費用を用意することができなくて日程に蹉跌を来たしている.
'アジアのおっとせい' ゾオリョン(56) さんが独島を 33輪永いで回る野心を燃やすプロジェクトを計画したが(本報 4日付け 18面報道) 後援者を求めることができなくて意味をあきらめなければならない境遇に置かれた.

最初栗さんは去る 15日から済州島に入って行って海適応訓練に突入する計画だったが約 3000万ウォンの費用を用意することができなくて訓練を始めることができない.

栗さんは 24日 "独島海域を循環する計画を立てたがまだスポンサーを捜すことができなかった.10余箇所企業に協助要請をしたが消息がなくて訓練に入ることもできない" と "その間国のためにさまざまな事をして,国民にも多くの楽しさを準のようなのにこんなに反応が冷たいこととは思うことができなかった"と名残惜しさを現わした.

海南出身で現在渓谷面ドックゴックリに家を建てて暮している栗さんは最後の方法で海南郡に支援を要請する計画だ.栗さんは "25日プロジェクト全般の事項と訓練計画書を持って海南軍需を捜して支援を要請する計画"と明らかにした.引き続き彼は "慈悲をはたいてもプロジェクトを成功したいが状況が不如意で自分自身も大変だ"と "プロジェクトのために時間が迫って急だ.海南郡でまで支援が難しければお正月連休(2月 6~8日)が終わった後無条件済州島に入って訓練を始めること"と言いながら意志を燃やした.

栗さんが計画する '独島プロジェクト'はウルサヌックヤックの無效を宣言して独立宣言文に署名した民族代表 33人の意を称えるために独島を 33輪回ること.

独島まわりが 4㎞だが役潮流と波などを勘案して 6㎞ 位に見て一日に 10~15㎞ずつ 2~3輪を回る計画だ.風浪と悪天候でスイミングができない日ができることもできて挑戦期間を 30日で豊かに取っている.

一方栗さんは 1974年第7回アジア競技大会男スイミング 2冠王を荒して 'アジアのおっとせい'というニックネームを得た.

だけでなく 1980年 8月大韓海峡 48㎞を横切ったし,2年後また挑戦して 9時間 35分という最短時間横断記録も立てた.2005年夏には光復 60周年を記念するために息子である聖母(24),聖雄(28)さんと一緒に鬱陵島から独島まで永いだりした.

故強じん記者 kiko@jnilbo.com

ま、ご苦労なこってす、としか言いようがありませんね。
[PR]
by gogoreds_31 | 2008-01-29 22:36