韓国のホームページをのぞいてみると・・・・・・

チョッパリと和解してやる時が来たニダ!

いやぁ、今、韓国は、ノ・ムヒョンの失政で随分不景気なようですが、本格的に韓国の日本へのすり寄りが始まったようです。
今まで、あれだけ苛烈な反日をやっておいて、自分の都合だけで、「仲良くするニダ」だそうですよ。
笑わせるな、バーカ、としか言えませんがね。
韓国-日本は根がひとつの同じ民族,太陽族子孫
市国家連合体である伽揶(太陽民族.光明の民族)の一不足だった新羅が競走の方で高句麗から独立新羅を作るようになって,昔の街は酸っぱいと言う時もう日本シマの現の方で渡って暮していた “昔脱解”(日本シマの現生まれ) が新羅の 2大王南海チァチァウングの壻になって儒理王の次で王になった.この時は日本この皆高句麗.百済.新羅.伽揶の地だった.

▲江東民理事長
一方新羅は朴.石.金さんに帰りながら賃金を引き受けてしている途中 16台フルヘィ王の時,金ナムル王が革命を起こして王権を握るようになったし,三フルヘィ王と息子も殺されて孫の中で一つがわずか暮して日本シマの現伊豆麻故郷に帰るようになってから韓-日関係が根本的に狂い始めたと私は見る.

あの時から新羅に恨みを晴らすことは釈氏一族たちの日本内での活動は,新羅の王だった貴い身分を先に立たせて,日本政府のすべての財産を管理する職責を引き受けるようになったら自然が権限が多くなって権力を振り回して天皇までも夢を見た,釈氏王族である蘇我一族(蘇家一族)の 300年映画は,国務代わり兼財務長官職責まで引き受けて,新しい天皇たちを擁立する度に深く関与したし,百済と手を握って新羅が買う事ができないaのがかきであり三さん王権回復と新羅王権転覆の機会を狙ってすごく努力した.(私たち先祖が立てた日本国 : 朴屏息私参照)

新羅が半島百済を滅亡させた以後,文武王 2年西紀662年に釈氏王族の財産(ボンピグング)を沒収して,半分は国庫に入れて,残りをキム・ユシンと金人文に分けてやった事実があった.これは新羅が,王座で追い出された釈氏王族が,百済と手を握って 250年間も新羅を苦しめた事に対する仕返しだった.

西紀 681年 7月新羅文武王が世を去った.彼は最後の死ぬ席で,自分の死体を東海入口にある貸し席上に葬りなさいと遺言こんにちはだった.感恩寺(感恩寺)に残っている記録によれば,海の竜になって倭軍を阻むとなっていると言う.文武王のこのような遺言を言わなければならない理由は,まさに彼の手で角い迫害をたいてい,釈氏王族の仕返しが恐ろしかったからだったと悟らなければならない.

朝鮮王朝先祖25年 1592年壬辰の乱が 6年間続いて 1598年終わるまで日本の朝鮮侵略がしつこく続いたし,その後日本の国力が強まる時なら必ず侵略の本性を現わしたりした.また一日帝強点期 35年は大韓帝国を徹底的に踏み付けて苦しめた現代史だが,振り返えて考えて見れば,昔の伽揶を吸収した新羅を憎んで “様の国 (任那: 伽揶)”を失ったという悲しみと釈氏王朝の恨みに満ちた仕返しこの重なった業報ではないか?甚だしく気が重くなることを感じる.

神様を “アリラン” と歌う空の直系子孫であり,自ら太陽だと表現する,言語が同じで根がひとつの,同じ民族,太陽族子孫たちのけんかがいつまで続かなければならないが.いつ頃終りが補だろう.両国の仲直り精神と容赦 .寛容この花を咲かせる時がなった.もうこれ以上お互いに憎まない!お互いに許そう!お互いに愛しよう!昔の先祖たちの弘益人間精神だけが唯一の解決策になることができるようだ.

「 もうこれ以上互いに憎まない! 互いに許そう! 互いに愛しあおう!」って、気持ち悪いんですよね。日本にベタベタとストーキングしている癖に。
ま、また何かの拍子に反日が始まるに決まっていますわ。
[PR]
by gogoreds_31 | 2008-01-14 23:17