韓国のホームページをのぞいてみると・・・・・・

レイプが多いのも、チョッパリの責任ニダ!

韓国が、実は、レイプの発生率が高い、という事実は知られつつあるようですが、韓国の全国紙である朝鮮日報で、このようなコラムが載せられていました。
どうやら、イ・ドクエという歴史評論家が書いたもののようです。

[イドックである愛] 朝鮮の性暴行処理




[イドックである愛] 朝鮮の性暴行処理
▲イドックである歴史評論家
朝鮮時代は性暴行に対して今より寛大だったと誤解する場合が多い.性暴行事件は ‘大命率(大明律)’ ボムガン(犯奸)弔意適用を受けたが,強姦未収は章(杖) 100台に 3千里類型(流刑),強姦は絞刑(絞刑·絞首刑),近親強姦は首を枕にする惨刑(斬刑)だった.中宗 23年(1528) 10月宮人であるドバックソン(都伯孫)がやもめを強姦すると中宗が “商人(常人)が強姦することも正しくないのに,その上に蛇足(士族)載せるか?”と言いながら厳罰を指示したように支配層にもっと厳格な処身を要求した.
和かん(和姦)は男女皆章(杖) 80引き継いだから女性は強姦だと主張する場合が多かったが,この場合女性の初めて意図が判断基準だった.世宗 12年(1466) 本当に4身幅号だね(護軍) 新通例(申通礼)が官費(官婢) 故陰徳(古音徳)と何回も性関係を持った.故陰徳は “初めには断って声を出して泣いた[初拒而哭]”と言う理由で無事で新通例だけ処罰されたのがこんな場合だ.この事件のように被害女性の身分は重要ではなかった.
中宗 26年(1531) 宗親である高令感(高霊監) イペングリョング(李彭令)が私奴(私奴) ボングワン(奉元)の娘と関係した.ボングワンの弟の仲立ちをしたうえに関連者が皆和かんだと証言したが,純金が “私は女人だから逆う力がなくて二日夜を一緒に寝た”と返事するせいで強姦で処罰された.世宗 15年(1469) 左人 1ドングゴングシンイスックボン(李叔番)の鐘消費(小非)は強姦しようとする主人の額を刀でぶん殴ったが無罪方面された.
妓女(妓女)の場合も同じだった.暴力がなくても女性の同意がなかったら強姦で処罰したが,被害女性が処罰を願うのか可否は形量の参酌対象ではなかった.節度途中強姦まで一場合は惨刑だったし,乳児強姦は例外なしに絞刑や惨刑だった.
性犯罪に寛大なうちの社会の誤れた認識は朝鮮ではなく日帝の時始まったのだ.近来頻発する子供連鎖性暴行事件やくびになった MBC セクハラ記者に対して社長がはかることを要請したことは人々の認識が日帝の時にとどまっていることを言ってくれる.日製の遺産である現在の性犯罪認識を朝鮮時代人たちの厳格な認識で戻さなければならない時である.
イドックである歴史評論家 newhis19@hanmail.net


何の例示も無く、唐突に「性犯罪に寛大なうちの社会の誤れた認識は朝鮮ではなく日帝の時始まったのだ.」と書いて、それで通ってしまう所が凄いと言えば凄いですな。
この程度の学者が新聞にコラムを書けるほど、韓国っていうのは、馬鹿ばかりだ、というのは認識出来ますがね。

さすがに、日本語版には、これ、載せられないでしょうねぇ。その辺りは、お馬鹿な韓国マスコミでも、理解できているようです。どうせなら、載せちゃえば良いのにね。
[PR]
by gogoreds_31 | 2006-08-28 00:38